レーシックの前には適性検査

レーシックを受けるかどうかを決定するためにレーシック手術前には必ず適性検査が行われます。
「レーシックに耐えられる眼かどうか」や「眼に病気はないか」などを入念に検査していきます。レーシックの適性検査では角膜の状態や近視や乱視や遠視の有無、また眼球の硬さ・視力・涙の量などを検査します。
適性検査には約2〜3時間かかるので余裕のある日に検査を受けるようにしましょう。 近いうちにレーシックを受けようと思っているのでしたら、大切なことはレーシックに関する知識を勉強するということです。
「メリット」「リスク」「術後の生活」などなど細かなところまでしっかりと事前に把握をしておくようにしましょう。
適性検査を行う時に気を付けなければならないことは、ソフトレンズコンタクトは1週間前、ハードレンズコンタクトは2週間前から使用をしてはいけないということです。
慣れるまでに大変だと思いますが手術の前はメガネ生活をして正確に適性検査を行うために注意をしましょう。

 

 





イチョウ葉
イチョウ葉へ
URL:http://www.suplinx.com/shop/e/egingko/


レーシックの前には適性検査ブログ:20180116

減量は、
体重が減ればいいというものではありませんが、
やっぱり気になりますよね。

体重はからだ全体の重さを表す数字なので、
正確に、やせたか太ったかの判断はできないですが、
目安として把握しておくことは大事!

「怖くて体重計に乗れない!」と思い始めたら…
すでに太っている証拠。

その後もずっと体重計に乗らなければ、
自分が太ってしまっていることを把握できないため、
脂肪の増加は、簡単には止められないのです。

そうならないためにも、
体重計には、定期的に乗ることが大事なんですね。

とはいえ、一日に何度も体重計に乗る必要はありません。

減量中って、
一日に何度も体重に乗りたくなったりしませんか?

でも、それはダメ!
かえってストレスをためることもありますよ。

一日1回「同じ時間、同じ服装、同じ体重計」でチェックしましょう。
例えば…
「あさ起きてトイレに行った後」
「晩お風呂に入った後」
などがおすすめです。

減量における重要なチェックポイントは、
「体脂肪率」です。

みなさんも知ってると思いますが、
「肥満=体重全体の重さのうち、脂肪の重さの割合が多い状態」なので、
太っているかやせているかを正確に判断するためには、
「体脂肪率」を計ることが重要なのです。

ちなみに、女性の場合、20〜25%の体脂肪率であれば、適正な範囲です。
これよりも多ければ、やはり減量が必要でしょう。

ただし、体脂肪率は体重とは違って、
毎日測っても、あまり意味がありません。
7日間に1回、または2週間に1回くらいのペースで、
増えているか、減っているかをチェックするのがいいようです。

・・・と、書いてみるテスト

ドライアイとレーシックの関連性 レーシックの前には適性検査 レーシックで乱視の治療も可能 保証制度の有無を確認しよう