矯正された視力の維持は保証出来ない

レーシックによって視力を回復することは可能ですが、生活習慣などによりましては再びレ ーシックを受ける時と同じ視力まで戻ってしまうことがあります。
またはレーシックを受ける時以上に視力が低下してしまうこともあるので注意が必要です。レーシックは現時点の視力を矯正する治療法であり、矯正された視力の維持までは保証をしていません。
一般的な近視の場合、近視の進行は20代後半で止まると言われていますので、20代後半にレーシックを受けた人はまず視力が戻ること無いと言えます。 レーシックに人気が集中し始めてきた現在、それを逆手にとった悪質なレーシッククリニックが出てきています。
成功事例を多く公開し、実は全てが偽りで経験がほとんど無いような医師が手術をしていることもあるので注意が必要です。
現在20歳未満の人がレーシックを受けたとしても近視が進行中だった場合には、一時的に視力が矯正されたとしても、元々の視力に戻ってしまうことがあります。
レーシックを考えてる方は、なるべく20代後半に受けるようにしましょう。

 

 





川元誠一のことなら
川元誠一
URL:http://jpon.xyz/2007/9/5/308/327.html


矯正された視力の維持は保証出来ないブログ:20170425

子供の顎を発達させたいなら、
とにかく堅い物を食べさせよう!

柔らかい物を食べさせていると、
子供は早食いしてしまい、
咀嚼回数が極端に少なくなってしまう。

ご飯なら玄米を堅めに炊く…
パンなら黒パンをト−スターで焼いて堅くする…
麺類なら茹で過ぎないで、少し堅めに茹でる…

こういった措置を施せば、
子供は咀嚼回数を多くせざるをえなくなり、
顎を発達させていくことになる。

野菜の中でも根菜類は食物繊維が豊富なので、
サツマイモ、ジャガイモ、大根、玉葱、ゴボウなどを頻繁に出すようにすれば、
子供はそれらを簡単には飲み込むことができず、
咀嚼回数を多くすることで
くちの中で細かくしていかざるをえなくなる。

肉などは、大きめな肉を食べさせよう。

焼肉のようにくちでモゴモゴできる大きさこそ、
肉の味を堪能できるのであって、
肉を細かくしてしまうと、
結局、肉を加工することで肉以外の味を味わうしかなくなる。

ハンバーグなどのようなものは、
出来るだけ回数を減らすのが望ましい。

それと
定期的に木の実を食べさせよう。
木の実はどうしてもポリポリと食べざるを得ず、
子供に木の実を与えておけば、自然と咀嚼回数が多くなる。

落花生などは殻つきのものを購入して、
母親と子供が一緒に殻を剥きながら食べると、
子供は自然と咀嚼回数を多くするのである。

スルメや干し肉といったものも
子供の顎を鍛えるには貴重な食品。

子供の場合、まだ顎が発達していないので、
スルメなどは一切れ与えても、
長時間にわたって咀嚼し続けているものだ。

母親は自分の虫歯予防のためにも
スルメや干し肉を定期的に食べて、
その際に子供に分け与えるようにしよう!


ドライアイとレーシックの関連性 レーシックの前には適性検査 レーシックで乱視の治療も可能 保証制度の有無を確認しよう