レーシックでのリスクを理解しておこう

レーシック手術のリスクについて、一番多く寄せられるのが「失明するリスク」となります。
レーシックは角膜の手術なので眼球内部は触れることは無いので、失明の心配はほとんど無いと言えるでしょう。レーシックで気を付けなければいけないことはレーシック専門の医師の手術を受けるということです。
レーシック自体は安全なのですが、医師が能力不足だった場合感染症や合併症などのリスクが高まってきてしまいます。 レーシックによって視力を取り戻した人の多くが「世界観が変わった」などの喜びの声をいただいています。
視力が回復することで生まれ変わったというイメージを持つ人も多く、まさに夢が現実になると言っても過言ではありません。
まずは豊富な経験や実績のある医師を探すようにしてください。
経験豊富な医師の手によってレーシックを受けた場合には、失明するリスクはほとんど無いと言えます。

 

 



レーシックでのリスクを理解しておこうブログ:20170922

昨日、久しぶりにお墓参りに行ってきました。
結婚してからずっと遠のいていた、生家のお墓参りです。

あたくしが結婚をしたのは1994年ですので、
それ以降に法事などでちらっと訪れたことはありましたが、
お墓参りを目的にして行くのは、本当に久しぶりでした。

あたくしの親は、どちらも静岡県の出身です。
お墓周辺の駅がだいぶ変わったという話も聞いていたので、
三重県に住んでいる親に場所を再確認したところ、
祖母の米寿祝もかねて、
親と一緒にお墓参りに行くことになったのでした。

すでに高齢の親、
最近では電車での移動が多くなってきたそうですが、
この日は父が車を出してくれることになりました。

最寄り駅で待ち合わせ、いざ出発!
久しぶりの名古屋の市街を走り、
東名高速道路に…と思いを馳せる間もなく、
あたくしは車の中で眠りこけていました。

気づくと、父の実家のある某市に到着。
早速、お墓参りです。

毎月、1日と15日には
父の生家が訪れるそうで、
あたくしが行ったときにも、数日前の花が残っていました。

父の生家は商売をしていて、
祖父から伯父(父の兄)、そしてそのむすこへと受け継がれ、
現在はあたくしにとっての従弟が跡を継いでいます。

お墓はずっと前に訪れたときと変わりなく、
同じ場所で同じように静かにそこにいて、
じっと見守ってくれているようでした。

あたくしが訪れていない間も、あたくしの知らないところで、
こうしてお墓を守ってくれていた人たちがいてくれて、
変わらない毎日を過ごせていたのだ…と深く感じ入り、
感謝の気持ちで墓前に手を合わせたのでした。

あたくしたちも毎日を無事に過ごせていることに感謝をして、
お墓参りを終えました。

ドライアイとレーシックの関連性 レーシックの前には適性検査 レーシックで乱視の治療も可能 保証制度の有無を確認しよう