レーシックでのリスクを理解しておこう

レーシック手術のリスクについて、一番多く寄せられるのが「失明するリスク」となります。
レーシックは角膜の手術なので眼球内部は触れることは無いので、失明の心配はほとんど無いと言えるでしょう。レーシックで気を付けなければいけないことはレーシック専門の医師の手術を受けるということです。
レーシック自体は安全なのですが、医師が能力不足だった場合感染症や合併症などのリスクが高まってきてしまいます。 レーシックによって視力を取り戻した人の多くが「世界観が変わった」などの喜びの声をいただいています。
視力が回復することで生まれ変わったというイメージを持つ人も多く、まさに夢が現実になると言っても過言ではありません。
まずは豊富な経験や実績のある医師を探すようにしてください。
経験豊富な医師の手によってレーシックを受けた場合には、失明するリスクはほとんど無いと言えます。

 

 



レーシックでのリスクを理解しておこうブログ:20170718

文明が発達したおかげで、
おれたち人間は、
どうしても7時食を食べざるをえなくなった。

そのために一日3食になってしまい、
その結果、ご飯の量が増えて、
それがご飯過剰になり、内臓は疲労しきって、
病気を発症してしまう…

人間の体質は元々は一日1食であり、
文明が始まると共に一日2食になった。

発達した文明を維持するために
一日3食にすれば、
脳に栄養が送り届けられるが、
内臓が疲労しきってしまうのである。

母親としては
子供がたくさん食べ物を食べてくれれば
健康に育ってくれると思ってしまいがちだが、
現実はそうではない。

一日3食で大食いしていたら、
確実に病気になるし、バカになってしまう。

我が子を健康にしたいのなら、
一日2食半に抑え、
一日の内、1食だけ多目に出せばいい。

平日は夕食を多目に出し、
休日は12時食を多目に出せば、
子供は内臓を疲労することなく健康に育ち、
高い知能を発揮できるようになる。

母親にしても
一日3回もご飯を作っていたら、
疲れ切ってしまう…

母親自身が疲れ切っているために
料理がワンパターンになり、
挙句の果てはお惣菜を買ってきたり、
レトルト食品や冷凍食品やインスタント食品で
済ましてしまうようになる。

そのようなご飯をしていれば、
子供の健康に悪影響が出て来るのは必至。

それに一日3食だと
食費だって高くつき、家計を圧迫してくる。

食費を多く出して
家族が健康になってくれれば、
その出費は有効であろうが、
出費が多いのに家庭内で病人が続出では
その出費は削減した方がいいのである。

家計が苦しいという前に、
一日3食のご飯パターンを改めるべきだと思う。



ドライアイとレーシックの関連性 レーシックの前には適性検査 レーシックで乱視の治療も可能 保証制度の有無を確認しよう