レーシックで乱視の治療も可能

レーシックで乱視の治療も可能



レーシックで乱視の治療も可能ブログ:20140308


みなさまは、
ダイエットの天敵といえば、何をイメージしますか?

ビールですか?油っこいものですか?おやつですか?
どれも、食べるのを控えないと
太ってしまうイメージがありますよね。

特に「ビール腹」なんて言葉があるくらいですから、
「ビールはダイエットのタブー」
といったイメージを持っている人が多いのでは?

ところが、ビールを飲んだからといっても、
太るなんて訳ではないのですよ!

アルコール類は、カロリーの一部が、
飲む事によって起こる熱で勝手に消費されるので、
ビール自体のカロリーは、高いとはいえないんですよね。

でも、ビールを飲むと、満腹中枢が影響を受けます。
ビールなどは特に、食欲が増進する効果があるので、
必要以上に食べてしまうのです。

おつまみには、脂っこいカロリーの高い食べ物が多いですよね。
ビールのあてには、濃い味つけのものや揚げものがよく合います。

しかも、ビールのシメには、
塩ラーメンなんかが食べたくなったりしてしまいます。
これも、ビールの影響です。
満腹なのに、お腹が空いていると勘違いをしてしまうんですね。

つまり、ビールを飲むだけなら、
相当無茶苦茶しない限り、太る原因にはならないのです。

おつまみのカロリーなどに注意したり、油っこいものを避ければ、
ビールを飲んでもそうブヨブヨにはならないでしょう。

ビールを飲むなら、つまみは塩!くらいの気持ちでいれば、
ダイエット中の飲酒も特に問題はないと思います。

ビールよりもストレスの方がダイエットの天敵なので、
飲みたい願望とも上手につきあっていきましょう。

レーシックで乱視の治療も可能

レーシックで乱視の治療も可能

★メニュー

最新老眼治療のモノビジョンレーシック
口コミサイトを活用してクリニック選び
レーシックの前には適性検査
ドライアイとレーシックの関連性
レーシックで乱視の治療も可能
紹介制度を採用しているレーシッククリニック
矯正された視力の維持は保証出来ない
保証制度の有無を確認しよう
レーシックでのリスクを理解しておこう
交通費を補助してくれるクリニック


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)夢にまで見た視力回復を実現するレーシック