レーシックで乱視の治療も可能

レーシックで乱視の治療も可能


レーシックで乱視の治療も可能
近視の治療に非常に大きな効果を発揮させることの出来るのがレーシックです。
しかし治療の対象は近視だけに限ったことではなく、乱視の治療もすることが出来るのです。一昔前のレーシックでは乱視治療を行うのは困難なものでした。
乱視は近視と比較をして視力の矯正が複雑になってしまうので不可能に近いものだったのですが、それが今日大きく変わってきたのです。 「もしメガネを必要としない日々を送ることが出来たら…」そんな夢のような思いを描いている人もかなり多いかと思います。
その夢を叶えてくれるのが話題のレーシックであり、高い確率で視力を回復することが出来るのです。
レーシックの技術が進歩してきたことにより、乱視の矯正も可能となってきました。
乱視も近視と同様に、角膜の屈折率を矯正することによって元々の視力を取り戻すことが出来るのです。




レーシックで乱視の治療も可能ブログ:20170211

コンニチワー

シェイプアップを行う場合、
1日の総摂取カロリーを決める必要があります。

摂取カロリーが多すぎれば
身体に溜まった脂肪は減らないですし、
逆に少なすぎれば代謝が低下し
痩せにくい身体になってしまいます。

シェイプアップを成功させるには、
必要な量の摂取カロリーをしっかりと摂取することが
とても重要です。

ちなみに…
シェイプアップのために摂取カロリーを減らす場合は、
成人の平均摂取カロリーより20%程度落とすのが
最も効果的に身体に溜まった脂肪を落とせるんだそうです。

女性の場合、
成人女性の平均摂取カロリーが約1800kcalなので、
それより20%落とした1440kcalが
シェイプアップに必要な1日の摂取カロリーの目安となるわけです。

ただし、
今ままで2500kcal食べていた人が、
いきなり1440kcalに減らすのは危険です。

このような場合は、
2週間おきに300kcal程度摂取カロリーを減らしていって、
目標の1440kcalにするようにしましょう。

いきなり摂取カロリーを減らしすぎると
確実にリバウンドします。

また、
「理想体重×30キロカロリー=1日の総摂取カロリー」
という目安もあります。

例えば…
50kgが目標であれば「50×30=1500」で、
1日の総摂取カロリーの目安は1500kcalとなるのです。

しかしながら、
例えば、現在60kgで目標が50kgの場合、
いきなり10kgも落とすのは
リバウンドしやすく健康も害する可能性があり危険です。

なので、
このような場合は2~3kg減らした体重を目安に、
1日の総摂取カロリーを求めるようにしましょう。

さあご飯食べよ~っと。
レーシックで乱視の治療も可能

レーシックで乱視の治療も可能

★メニュー

最新老眼治療のモノビジョンレーシック
口コミサイトを活用してクリニック選び
レーシックの前には適性検査
ドライアイとレーシックの関連性
レーシックで乱視の治療も可能
紹介制度を採用しているレーシッククリニック
矯正された視力の維持は保証出来ない
保証制度の有無を確認しよう
レーシックでのリスクを理解しておこう
交通費を補助してくれるクリニック


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)夢にまで見た視力回復を実現するレーシック