交通費を補助してくれるクリニック

交通費を補助してくれるクリニック


交通費を補助してくれるクリニック
レーシックを受ける患者さんの負担を少しでも和らげるためのサービスが最近では充実しています。
クリニックの中には遠方から訪れる患者に対し交通費を補助してくれる制度を設けているところもあるので確認をしてみると良いでしょう。全国各地にクリニックを展開している大手の眼科医院が交通費の補助制度を実施しています。
補助金が支給される条件や金額はほぼ共通しているので上手に利用されると良いかと思います。 実際にレーシック手術をした後には、早ければ翌日には視力が回復し日常生活をすることが出来るようになります。
しかし人によってその回復力は様々であり、中には数週間経過した後に視力が回復するという例もあるのでご注意ください。
レーシックの交通費支給はクリニックの県以外のところから訪れることが条件となっていることが多くあります。
どんなに遠方だったとしてもクリニックがある県の場合は支給の対象外となるのでご注意ください。




交通費を補助してくれるクリニックブログ:20171021

オレは高校を卒業した後、
故郷を離れ東京の専門学校へ4年間通い、
両親の仕送りを受けながら、
一人暮らしをさせてもらっていました。

田舎から一人で東京に出てきて、
右も左もわからず学校の入学式を迎え、
もちろん、一人も友達、知り合いなんていません。

そんな不安な中、
東京在住のA君という友達と仲良くなり、
実家へ遊びに行っては食事をごちそうになったり、
時にはそのまま泊まって行ったりし、
なんとなく東京での生活も慣れてきました。

学校でのお昼食は
毎日のようにA君と学食で食べていたのですが、
ひと月くらいが過ぎた頃…

A君が
「オレ、あしたからお母さんに弁当作ってもらうわ」
と言いました。

オレは、
入学してから毎日のようにA君と学食に行っていたので、
なんとなく寂しい感じをしましたが、
「じゃあ、俺は他の子達と学食に行くよ」
と言いました。

すると、A君が思いもよらぬことを言いました。
「お前の分もオレのお母さんが作ってくれるみたいだから、
一緒に持ってくるわ」
と言ってくれました。

しかし、さすがにオレは申し訳ないと思い、
一度は遠慮したのですが、改めてその日A君のお母さんから、

「一つ作るより二つ作る方が弁当は作りやすいから、
遠慮しないでいいんだよ。何か嫌いな物ある?」
と言われ、

欠かさずオレは遠慮もせず、
「レバー」(苦笑い)と言いました。

その会話により、
次の日から毎日A君は、
オレのために弁当を二つ持ち帰りしてくれました。

そうして4年間、
オレはA君のお母さんに毎日弁当を作ってもらい、
そしてK君に持ち帰りしてもらう…
なんとも考えられないような人の好意によって
栄養を欠かさない食生活をおくらせてもらいました。

交通費を補助してくれるクリニック

交通費を補助してくれるクリニック

★メニュー

最新老眼治療のモノビジョンレーシック
口コミサイトを活用してクリニック選び
レーシックの前には適性検査
ドライアイとレーシックの関連性
レーシックで乱視の治療も可能
紹介制度を採用しているレーシッククリニック
矯正された視力の維持は保証出来ない
保証制度の有無を確認しよう
レーシックでのリスクを理解しておこう
交通費を補助してくれるクリニック


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)夢にまで見た視力回復を実現するレーシック